文字の大きさ 文字の大きさ 標準 文字の大きさ 大 文字の大きさ 特大 背景色
  • 背景色 白
  • 背景色 黒
  • 背景色 青
栃木県社会福祉協議会
本文へスキップ
このページの階層は、トップページ > ボランティア・NPO > 助成情報 > 助成情報(詳細)

助成情報(詳細)

2018/10/19掲載
分類
助成金
助成事業名
2019年度「児童・少年の健全育成助成」及び「生き生きシニア活動顕彰」助成
助成団体
公益財団法人日本生命財団
助成内容
●児童・少年の健全育成助成
 地域活動の一環として定期的・継続的に実施している子どもたちが行う自然体験・生活体験活動、仲間づくりや文化の伝承活動、地域の子育て支援活動に、定期的かつ日常的に継続して取り組んでいる民間の団体に対して、その活動に常時・直接必要な物品を助成する。

●生き生きシニア活動顕彰
 1 高齢者による児童・少年の健全育成活動
 2 高齢者による青年自立支援活動、障がい者支援活動
 3 高齢者による高齢者支援活動
 4 高齢者による地域づくり活動
助成対象
【対象団体】
●児童・少年の健全育成助成
 次の要件を満たしている民間の団体(法人格の有無は問わない)を対象とする。
 1 申請時点で設立後1年以上の活動実績がある団体
 2 常時10名以上の構成員がいる団体。ただし、「子育て支援活動」「療育支援活動」を行う団体は、活動の対象となる児童・少年の延べ人数を含める。
 3 構成員の半数以上が18歳未満の児童・少年である団体。ただし、「子育て支援活動」「療育支援活動」「フリースクール活動」を行う団体には、この要件を適用しない。
 4 少なくとも月1回以上を目処として定例活動を行っている団体
 5 地域住民との交流やボランティア活動等を実践している団体
 6 助成により購入した物品を直接・継続的に活用し管理できる団体

●生き生きシニア活動顕彰
 高齢者が主体となり、継続して月1回以上の地域貢献活動に取り組んでおり、今後とも安定した活動が見込まれる民間の団体(法人格の有無は問わない)。


【対象活動】
 次代を担う児童・少年が健やかに育っていくために、定期的に継続して行っている次の活動を対象とする。
●児童・少年の健全育成助成
 1 自然と楽しむ活動
 2 異年齢・異世代交流活動
 3 子育て支援活動
 4 療育支援活動
 5 フリースクール活動

●生き生きシニア活動顕彰
 1 高齢者による児童・少年の健全育成活動
 2 高齢者による青年自立支援活動、障がい者支援活動
 3 高齢者による高齢者支援活動
 4 高齢者による地域づくり活動


 
   

 
助成金額
●児童・少年の健全育成助成
 ・1団体あたり 30万円〜60万円(物品購入資金助成)
 ・申請額は万円単位(万円未満切上)。
 ・60万円を超える物品購入を希望する場合は、総額に占める申請額の割合が
6割以上であることが必要。


●生き生きシニア活動顕彰
 ・1団体あたり 5万円
応募方法等
申請書を栃木県担当部署、栃木県社会福祉協議会に提出。(※詳細内容は下記連絡先まで)
締切り日
2018年11月12日(月)必着
連絡先等
●申請書類のお問い合わせ先、応募先
 1 〒320−8508 宇都宮市若草1−10−6 とちぎ福祉プラザ3階
   社会福祉法人栃木県社会福祉協議会 
   地域福祉部地域福祉・ボランティア課
   TEL:028−622−0525  FAX:028−621−5298

 2 〒320−8501 宇都宮市塙田1−1−20 
   栃木県県民生活部人権・青少年男女参画課 
   TEL:028−623−3076  FAX:028−623−3150

●内容に関するお問い合わせ先
〒541−0042 大阪市中央区今橋3丁目1番7号 日本生命今橋ビル4階
公益財団法人日本生命財団 助成事業部
TEL:06−6204−4014  FAX:06−6204−0120 



関連URL
http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp/
備考
※県域で活動している団体は上記連絡先にお問い合わせください。市町域で活動している団体は各市町にお問い合わせください。

 

<< 助成情報一覧に戻る ▲ ページの先頭に戻る
Copyright(C)2005 栃木県社会福祉協議会 All Rights Reserved,