文字の大きさ 文字の大きさ 標準 文字の大きさ 大 文字の大きさ 特大 背景色
  • 背景色 白
  • 背景色 黒
  • 背景色 青
栃木県社会福祉協議会
本文へスキップ
このページの階層は、トップページ > ボランティア・NPO > 助成情報 > 助成情報(詳細)

助成情報(詳細)

2019/03/18掲載
分類
助成金
助成事業名
2019年度ニッセイ財団 高齢社会助成公募
助成団体
公益財団法人日本生命財団
助成内容
【地域福祉チャレンジ活動助成】
 地域包括ケアシステムの展開、そして深化につながる次の4つのテーマのいずれかに該当する活動。
1 認知症(「若年性認知症」を含む)の人の地域での生活を支えるチャレンジ
活動 (当財団恒久分野)
2 福祉サービスの開発と起業化に向けてのチャレンジ活動(独自財源づくりを含む)
3 インフォーマルサービスとフォーマルサービスの連携によるケアリングコミュニティづくりに貢献するチャレンジ活動
4 医療・介護・福祉・保健の地域包括ケアを実現するためのチャレンジ活動

【実践的研究助成(実践的課題研究助成・若手実践的課題研究助成)】
 当財団は2001年より、研究者と実践家が協働して現場の実践をベースにして、実践に役立つ成果をあげるための実践的研究への助成を行っている。2019年度もこの実践的研究をより発展させていくために、3つの分野の中のテーマに対する課題を明確にした実践的課題研究を行っている、(若手)研究者または実践家に対し助成を行う。
第1分野:「いつまでも地域で高齢者が安心した生活が送れるまちづくり(地
域包括ケアシステム)の推進」
第2分野:人生100年時代の「高齢者の生きがい・自己実現・就業支援」
第3分野:「認知症の人が地域で安心した生活ができるまちづくり」(当財団恒久分野)
助成対象
【地域福祉チャレンジ活動助成】
(助成対象団体)
 助成テーマにチャレンジする意欲があり、かつ他の団体等と協働で活動していく団体。法人格の有無は問わない。過去10年以内に当財団の「高齢社会先駆的事業助成」、「地域福祉チャレンジ活動助成」の助成実績がある団体は対象外とする。

【実践的研究助成(実践的課題研究助成・若手実践的課題研究助成)】
(助成対象者)
1 実践的課題研究助成
 研究者または実践者
2 若手実践的課題研究助成
 45才未満の研究者または実践者(2019年4月1日現在)
助成金額
【地域福祉チャレンジ活動助成】
(助成期間・助成金額) 
2019年10月より2年間。1団体の助成金額 最大400万円(1年最大200万円)
(助成予定団体数)
2団体程度

【実践的研究助成(実践的課題研究助成・若手実践的課題研究助成)】 
1 実践的課題研究助成
(助成期間・助成金額) 
2019年10月より2年間。1件の助成金額 最大400万円(1年最大200万円)
(助成予定件数)
1件程度 

2 若手実践的課題研究助成
(助成期間・助成金額) 
2019年10月より1年間。総額約500万円(1件最大100万円)
(助成予定件数)
5件程度
応募方法等
【地域福祉チャレンジ活動助成】
 当財団所定の申請書に記入押印し、作成した申請書の原本1部(片面印刷)にコピー2部(両面印刷)を添付して当財団宛送付すること。
申請書は、当財団ホームページよりダウンロードすること。
郵送による請求の場合は、当財団事務局へ送料140円切手を同封して請求すること。


【実践的研究助成(実践的課題研究助成・若手実践的課題研究助成)】 
 当財団所定の申請書に記入押印し、作成した申請書の原本1部(片面印刷)にコピー3部(両面印刷)を添付して当財団宛送付すること。
申請書は、当財団ホームページよりダウンロードすること。
郵送による請求の場合は、当財団事務局へ送料205円切手を同封して請求すること。
締切り日
2019年5月31日(金)※(若手)実践的課題研究助成は、2019年6月15日(土)当日消印有効
連絡先等
ニッセイ財団 高齢社会助成 事務局
〒541−0042 大阪市中央区今橋3−1−7 日本生命今橋ビル4F
 TEL:06−6204−4013  FAX:06−6204−0120  
関連URL
http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp
備考
 募集要項、申請書、申請の手続きについては、当財団ホームページで確認すること。

 

<< 助成情報一覧に戻る ▲ ページの先頭に戻る
Copyright(C)2005 栃木県社会福祉協議会 All Rights Reserved,