文字の大きさ 文字の大きさ 標準 文字の大きさ 大 文字の大きさ 特大 背景色
  • 背景色 白
  • 背景色 黒
  • 背景色 青
栃木県社会福祉協議会
本文へスキップ
このページの階層は、トップページ > ボランティア・NPO > 助成情報 > 助成情報(詳細)

助成情報(詳細)

2019/07/10掲載
分類
助成金
助成事業名
2019年度生命保険協会「元気シニア応援団体に対する助成活動」 
助成団体
一般社団法人生命保険協会
助成内容
 地域社会において、高齢者を対象にした健康管理・増進、自立支援、生きがいづくり等の活動に取り組んでいる民間非営利の団体等に対し、資金の助成を行うことで、高齢者が健やかで心豊かに生活できる地域社会の環境整備に寄与し、地域福祉の一層の推進を図るもの。
助成対象
【助成対象となる団体】
 日本国内において、高齢者を対象にした健康管理・増進、自立支援、生きがいづくり等の活動を行っている、下記の要件をすべて満たす団体。
1助成申請時点で1年以上の活動実績を有し、少なくとも月1回以上の定例活動日を定め継続して運営していること
2下部組織への支援または物品の貸出し等のみを行う団体でないこと
3団体の設立趣旨や活動内容が特定の政党、宗教等に偏っていないこと
※法人格を有する団体は特定非営利活動法人(NPO法人)、一般社団法人および一般財団法人のみ対象とする。
※団体名が途中で変更されていても、主な活動内容を変更していなければ名称変更前の活動期間も、活動実績として含めて構わない。

【助成対象となる活動】
1助成対象団体が行い、次の要件をすべて満たす活動。
々睥霄圓鯊仂櫃砲靴新鮃管理・増進、自立支援、生きがいづくり等を行う活動
構成員だけでなく、地域の高齢者等の参加が可能な活動
F本国内で行う活動
※なお、申請する活動は、従来から継続している活動(継続活動)、従来から継続している活動を発展させて行う活動(発展活動)、新たに開始する活動(新規活動)のいずれでも構わない。

2下記のような活動は対象とならない。
々柔員のみによるもっぱら自分たちの楽しみを目的として行う活動
日常活動の促進等の発展性が考慮されていない一過性の活動(1回限り開催のイベント等)
1塚を目的とする活動
つ敢左Φ羈萋亜奮惱囘なもの)
ッ亙公共団体等の委託を受けて行っている活動
ζ団蠅慮朕佑泙燭話賃里陵益のみに寄与する活動
Г修梁勝健康増進等とは異なる目的の活動(高齢者の就労支援、市民後見人の育成に関する活動等)
※助成申請は「1団体につき1活動」に限る。
助成金額
1団体あたり上限額12万円(助成総額最大500万円)
応募方法等
【申込方法】
 所定の「助成申請書」に必要事項を記入・捺印し、正本1部・副本(コピー)1部・下記4種の「必須添付書類」を各一部ずつ同封し、必ず郵便(簡易書留)で送付すること。
※持参、FAX・電子メールによる送付は受付不可。
◆必須添付書類(いずれも書式は問わない。コピーも可)
イ)会則または団体規約(団体の規則(取決め)が分かるもの)
ロ)2018年度の活動報告書及び決算報告書(2018年度の活動状況・収支が分かるもの)
ハ)2019年度の活動計画書及び収支予算書(2019年度の活動計画・収支が分かるもの)
ニ)団体の活動状況等が分かる資料(団体のパンフレット・会報、新聞・行政等広報誌による紹介記事。CD−ROM等の添付は遠慮すること)
※添付書類がない場合、選考の対象外となる場合がある。
※提出した助成申請書、添付書類は、助成の有無にかかわらず返却できないので、予め了承願います。なお、選考に際して、当会から照会することもあるので、助成申請書等の写しを必ず手元に保管すること。

【助成申請書の入手方法】
当会のホームページ(https://www.seiho.or.jp/activity/social/senior/)からダウンロードできる。なお、ダウンロードできない場合には、郵便番号・住所、団体名、担当者名、電話番号、FAX番号を記入のうえ、FAX(またはハガキ)で「助成申請書の請求・問い合わせ先」まで請求すること。
締切り日
2019年8月16日(金)※7/3より申込受付開始
連絡先等
【助成申請書の請求・問い合わせ先・申請書送付先】
生命保険協会 広報部内「元気シニア応援活動」事務局
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目4番1号 新国際ビル3階
電話 03-3286-2643  FAX 03-3286-2730
関連URL
https://www.seiho.or.jp/

 

<< 助成情報一覧に戻る ▲ ページの先頭に戻る
Copyright(C)2005 栃木県社会福祉協議会 All Rights Reserved,