本文へスキップとちぎ福祉ナビゲーショントップページへ
このページの階層は、 トップページ > 障害者福祉情報 > とちぎ視聴覚障害者情報センター > こども向けのページ(点字について)

こども向けのページ(点字について)

〇1 点字(てんじ)のはじまり

 点字(てんじ)は1825年フランスのパリの訓盲院(くんもういん)生徒(せいと)で、(のち)にそこの教官(きょうかん)となったルイ・ブライユによって考案(こうあん)されました。
 1854年にフランスで採用(さいよう)されたのをきっかけにして、各国(かっこく)使(つか)われるようになり、日本(にっぽん)では東京(とうきょう)(もう)ろう学校(がっこう)教員(きょういん)石川倉次(いしかわくらじ)によって翻案(ほんあん)され、1890年に制定(せいてい)されました。(※翻案(ほんあん)(すこ)改良(かいりょう)すること)

〇2 点字(てんじ)のしくみ

 点字(てんじ)は、(たて)(てん)(よこ)(てん)の6(てん)()()わせでできていて、その6(てん)を「マス」といいます。

凸面
(凸面) 

凸面(とつめん)(()(めん))から()て、左上(ひだりうえ)(てん)を「@の(てん)」、左中(ひだりなか)を「A()(てん)」、左下(ひだりした)を「B(さん)(てん)」といい、(おな)じように右上(みぎうえ)の点を「Cの(てん)」、右中(みぎなか)を「D()(てん)」、右下(みぎした)を「E(ろく)(てん)」といいます。
点字(てんじ)50音(ごじゅうおん)は、母音(ぼいん)(あ・い・う・え・お)をあらわすのが@ACの部分(ぶぶん)で、子音(しいん)をあらわすのがBDEの部分(ぶぶん)です。ただし、ワ(ぎょう)やヤ(ぎょう)(すこ)()わります。

 6点(ろくてん)()()わせは、(てん)(まった)()れないマス(スペース)(のぞ)くと、(ひと)マスで63(とお)りとなります。そのため、濁音(だくおん)(ガ・ザ・ダ・・・)拗音(ようおん)(キャ・シャ・チャ・・・)(まえ)に一マス(てん)()いて合計(ごうけい)(ふた)マスであらわします。
(くわ)しくは(した)一覧表(いちらんちょう)()てください。

点字表記一覧(てんじひょうきいちらん)[凸面(とつめん)]

点字表記一覧(てんじひょうきいちらん)[凸面(とつめん)]
点字表記一覧(てんじひょうきいちらん)凸面(とつめん)

点字表記一覧(てんじひょうきいちらん)[凹面(おうめん)]

点字表記一覧(てんじひょうきいちらん)[凹面(おうめん)]
点字表記一覧(てんじひょうきいちらん)凹面(おうめん)

点字(てんじ)()道具(どうぐ)

 点字(てんじ)()つための道具(どうぐ)には点字器(てんじき)((ばん)定規(じょうぎ)点筆(てんぴつ))・タイプライター・パソコンなどがあります。

点字器の写真
点字器(てんじき)写真(しゃしん)

 点字器(てんじき)点字(てんじ)()つときには凹面(おうめん)()ちますから、ちょうど点字(てんじ)用紙(ようし)裏返(うらがえ)しにして()ると凸面(とつめん)(()(めん))になります。

写真の説明:左側(ひだりがわ)に、(ばん)があリその上に定規(じょうぎ)点筆(てんぴつ)()っています。
右側(みぎがわ)には点字(てんじ)用紙(ようし)があります。

点字(てんじ)タイプライター  
ライトブレーラー パーキンスブレーラー
ライトブレーラー パーキンスブレーラー

点訳用(てんやくよう)のパソコン  
点訳用のパソコン  現在(げんざい)ではパソコンを使(つか)っての点訳(てんやく)がほとんどです。パソコンは(みな)さんが使(つか)っているパソコンと(おな)じものですが、点字(てんじ)()つためには点訳(てんやく)のソフト(Win−BES:ウィンベス)をインストールして使います。

写真(しゃしん)説明(せつめい):ノートパソコンと、その(した)点字(てんじ)()むためのピンディスプレイがあります。点字(てんじ)(くろ)部分(ぶぶん)(しろ)()()ているのがわかりますね・・・
(ゆび)()している部分(ぶぶん)点字(てんじ)(しろ)()()ています。 


<< 一つ前に戻る ▲ ページの先頭に戻る

Copyright(C)2005 栃木県社会福祉協議会 All Rights Reserved,