本文へスキップとちぎ福祉ナビゲーショントップページへ
このページの階層は、 トップページ > 障害者福祉情報 > とちぎ視聴覚障害者情報センター > ことも向けのページ(聴覚障害について)

こども向けのページ(聴覚障害について)

〇聴覚障害ってどんな障害?

 耳が聞こえない事です「全く聞こえない人」「小さな音が聞こえない人」など一概に聴覚障害といっても障害のていどはさまざまです。
 また、うまれつき聞こえない人、病気やケガで聞こえなくなった人、年をとるにつれて聞こえにくくなった人など、聞こえなくなった時期、聞こえの状態(音の判別が出来るか否か)聴力によって、 ろう者・難聴者と表記もさまざまです。

〇聞こえないってどんな事?

 皆さんは普段自然に耳から沢山の音を聞いていますね!例えばお母さんのやさしい声、祭り太鼓の音や川のせせらぎ、迷惑な車の騒音、それらは言葉であり、情報であり、生活としての音です。
 聞こえない人や、聞こえ難い人は、それらを自然に耳から得る事ができません。また見ただけでは解らない障害をもつ聴覚障害者は、話しかけられても聞こえない為、無視していると思われたり、様々な誤解を受けたりする事があります。

〇コミュニケーションについて

 「全く聞こえない人」「少し聞こえる人」という事でコミュニケーションの方法を決めるのではなく、その人の聞こえなくなった年齢や、受けた教育や家庭環境によって、コミュニケーションの方法が違います。それぞれ自分の障害や目的に合わせた方法を選ぶ事が出来ます。

手話、OHP、ノートテイク、口話のイラスト

〇聴覚障害者に接するには

@手話を知らなくても話そうと思う気持ちがあれば通じます、心を開いて話してみてください。
A口話は相手の口の動きを読み取る事で伝えある方法です、口の動きが解るように正面からはっきり話して下さい。
B筆談をする時は読みやすい文字で、出来るだけ漢字と句読点を入れ、あいまいな文章はやめてはっきりと。(いつ・どこで・だれが・なにを・どうするか)
C道を歩く時クラクションの音が聞こえません車道側を聞こえるあなたが歩いて下さい。

〇考えてみましょう

 皆さんのお家の近くに耳の聞こえない人はいませんか?
 大きな地震や近所に火事があった時、聞こえない為、必要な行動や判断が出来ず命を落してしまう事もあります。
 また、駅や乗り物内の緊急案内放送なども聞こえずパニックになる事があります。
 自分はどんなお手伝いが出来るか、皆で話し合って見てください。

〇表現してみましょう

手話イラスト1

手話イラスト2

手話イラスト3

指文字表


<< 一つ前に戻る ▲ ページの先頭に戻る

Copyright(C)2005 栃木県社会福祉協議会 All Rights Reserved,