助成金情報(詳細)

2022/01/09掲載
助成事業名
独立行政法人福祉医療機構(WAM) 令和4年度 社会福祉振興助成事業(モデル事業)募集 
助成団体
独立行政法人福祉医療機構(WAM) 
助成内容
 モデル事業は、社会課題が一層複雑化するなか、これまで民間福祉活動団体が培ってきたノウハウや連携体制をもとに、事業を通じて新たに明らかとなった課題や社会的に認知が進んでいない課題に対応することを目的とします。国や自治体において政策化・制度化を目指す新たなモデルとなり得る活動を募集します。
助成対象
●助成対象者
1社会福祉の振興に寄与する事業を行う、営利を目的としない次の団体
・社会福祉法人 ・医療法人 ・公益法人(公益社団法人又は公益財団法人)
・NPO法人(特定非営利活動法人) ・一般法人(法人税法上の非営利型法人の要件を満たす[助成対象となる事業の実施期間中に移行するものを含む。]一般社団法人又は一般財団法人)等
※ただし、上記の団体であっても、次に該当する場合は除きます。
・反社会的勢力及び反社会的勢力と密接な関係にある団体
・過去において法令等に違反する等の不正行為を行い、不正を行った年度の翌年度以降5年間を経過しない団体
・監事を設置していない団体(定款等に監事の設置規定がないものを含む)
●助成対象事業
1助成の要件等
 助成の対象となる事業は、要望団体が自ら主催するもので、他の団体(社会福祉法人、医療法人、特定非営利活動法人、公益法人、企業、自治体、ボランティア団体等)と相互に連携して次のいずれかの事業を実施し、かつ下記に掲げる助成テーマに該当するものとなります。
【地域連携活動支援事業】
<事業の内容>
助成先団体が関係機関との継続的・相互的な連携体制の構築を通じて、政策化・制度化を目指すことをもって、地域における面的な成果の広がりを目指す事業
<事業の要件>
・国や自治体において政策化・制度化を目指す新たな「モデル」となり得る活動であること
・既存事業の継続のみを目的とした計画や通常助成事業と同じ申請内容を複数年継続する計画は対象外
・複数年にわたり安定した運営を行うため、事業の実施体制を確実に確保すること
・連携団体と事業目標の共有化を図った上で事業を推進すること
・事業成果の可視化を念頭に置き、評価を実施すること
・外部評価者又は伴走支援者と共に定期的な進捗管理を行い、結果を報告すること
<助成期間>
2〜3年以内
・事業計画に基づき、連続する2年又は3年にわたり助成金の交付対象とすることを予定しています。ただし、次年度の助成金を保証するものではありません。また、採択された場合であっても、予算の都合等により助成金額の減額や助成の終了となる場合があります。
・助成金の交付申請及び交付決定は年度毎に行います。次年度の審査は、当年度の実施状況を踏まえて行うため、審査の結果によっては、次年度以降の助成金額の減額や助成の終了となる場合があります。
<助成テーマ>
^多瓦砲弔覆る社会保障 ¬瓦鬚弔爐飴勸蕕道抉隋´H鏈匱垰抉隋災害時の支援体制づくり
【全国的・広域的ネットワーク活動支援事業】
<事業の内容>
助成先団体が幹事的役割を果たし、各地域のNPO等との継続的な連携体制の構築を通じて、政策化・制度化を目指すことをもって、全国的・広域的なセーフティネットの充実を図る事業
<事業の要件>
上記【地域連携活動支援事業】に同じ。
<助成期間>
上記【地域連携活動支援事業】に同じ。
<助成テーマ>
上記【地域連携活動支援事業】に同じ。
助成金額
助成金額は下記のとおりになります。
3年間の合計:3,000万円まで  2年間の合計:2,000万円まで
応募方法等
当法人HPに掲載されてある募集要領等で御確認ください。
締切り日
2022年1月31日(月)※PM3:00 応募フォーム登録完了
連絡先等
●問合せ先及び送付先
〒105-8486 東京都港区虎ノ門4丁目3番13号 ヒューリック神谷町ビル9階
 独立行政法人福祉医療機構 NPOリソースセンター NPO支援課
 電話:03-3438-4756(なお、つながりにくい場合は 03-3438-9942 におかけください。)
  月曜〜金曜 AM9:00〜PM5:00(祝祭日除く)
 FAX:03-3438-0218
関連URL
https://www.wam.go.jp/hp/r4_wamjyosei/
備考
※詳細については、当法人のHPに掲載されてある募集要領等で御確認ください。
戻る