助成金情報(詳細)

2023/03/20掲載
助成事業名
公益財団法人 大同生命厚生事業団 2023年度「地域保健福祉研究助成」 
助成団体
公益財団法人 大同生命厚生事業団
助成内容
地域で保健・医療および福祉の活動に従事されている方々の研究を支援することにより、わが国の保健・医療および福祉の向上に寄与することを目的とする。
助成対象
応募資格 
 *保健所、地方衛生研究所等衛生関係機関に所属する職員
 *都道府県市町村の衛生および福祉関係職員
 *保健・医療・福祉の実務従事者
  上記応募資格者による共同研究も可。大学病院の職員等は応募対象に含む。
  ただし、大学の教職員、大学院生の単独研究または主研究者となる研究は不可。
  また、前年度に当財団の助成を受けた人は除く。(共同研究者は可)
研究テーマ
 (1)地域保健および地域福祉に関する研究
 (2)在宅・施設の医療、福祉および介護に関する研究
 (3)その他住民の健康増進に役立つ研究
  ただし、臨床研究は除く。
研究対象
  原則として、特定地域を対象とした研究とする。
助成金額
総額 原則1,000万円以内 1件 原則30万円 特に優秀な研究は50万円限度で助成
申請金額は「万円単位」とする。
直接研究に要する費用とし、パソコンおよびその周辺機器等の購入費用、学会参加費用、論文投稿料、英文翻訳料等は助成の対象としない。
応募方法等
‥財団所定の申込書(3枚「研究概要」を含む)に必要事項を記入し、必ず勤務先上司の承諾をとり、申込書1枚目に記
 入・押印を手配のうえ、当財団事務局宛に郵送ください。
(A4サイズ片面印刷で送付ください)
⊃醜書郵送とともに、入力した申込書のエクセルデータを次のメールアドレスに送信ください。(押印は不要です)
 E-mail:info@daido-life-welfare.or.jp
  申込書は当財団ホームページ(HP)よりダウンロードできます。
 URL:https://www.daido-life-welfare.or.jp/
 なお、申込書記入上の注意事項は当財団HPを参照ください。
E財団所定の申込書以外の資料添付は不要です。
て瓜に当財団の複数の助成に応募することはできません。
締切り日
2023年5月25日(木)消印有効
連絡先等
書類送付先
〒550-0002
大阪市西区江戸堀1丁目2番1号 大同生命大阪本社ビル内
公益財団法人 大同生命厚生事業団 事務局
TEL(06)6447-7101  FAX(06)6447-7102

公平を期すため、必ず郵送でお願いいたします。
なお、当財団への直接持参、FAXによる申込書の受付はしておりませんのでご了承ください。
E-Mail:E-mail:info@daido-life-welfare.or.jp
関連URL
URL:https://www.daido-life-welfare.or.jp/
備考
発表 
 2023年8月中旬までに、研究代表者(研究計画の遂行に関してすべての責任を持つ研究者)へ選考結果を文書により通知
 します。また、当財団HPでも選考結果を公表します。
 採否の理由等、選考に関するお問合せには応じられませんのでご了承ください。
助成金贈呈
 2023年9月以降に贈呈式(原則として研究代表者が出席)を行い、その後、交付(研究代表者名義の口座に送金)する予
 定。新聞社等マスコミの取材にご協力ください。
報告
 助成金受贈者には、2024年9月末(締切日厳守)までに研究の結果の成果および助成金の使途に関する所定様式の報告書
 を当財団へ必ず提出いただきます。(当財団HPで公開)
※個人情報の保護
 「個人情報保護方針」を定めています。当財団HPに掲載していますので、これをご覧のうえ、応募ください。
 URL:https://www.daido-life-welfare.or.jp/
 「地域保健福祉研究助成」の申込書に記載された個人情報は、選考手続きに際して選考委員等へ提供する他、選考結果の
 連絡、贈呈式の案内、受贈者名簿への記載、当財団HPへの掲載、新聞各社ならびに関係機関への広報、配布以外の目的に
 は使用いたしません。
※反社会的勢力対応
 反社会的勢力および反社会的勢力と関係すると認められる個人からの応募は受け付けられません。また、万一、助成金交
 付後に反社会的勢力等であることが判明した場合は、助成金を返還いただきます。
※留意事項
・ご提出いただいた申込書等の書類は返却いたしません。
 事務局より問合せをする場合がありますので、必ず控えを作成しておいてください。
・営利を目的とする研究は対象外です。
・研究に際しては、倫理、個人情報保護等の法規定や精神を十分に踏まえて下さい。
 特に個人を対象とした調査・研究は、原則として研究代表者もしくは共同研究者の所属する組織の倫理委員会の承認を受
 けるようにしてください。
・当財団以外の財団等から、同一の研究で助成が決定した場合等、助成が不要になった場合は選考結果の発表を待たず、速
 やかにご報告ください。
・助成決定後、実施困難になった場合および大幅な内容変更が生じた場合は、速やかにご報告ください。
戻る